海外のコンビニでおにぎりが買える

郷に入れば郷に従えではないですが、海外旅行に行ったときにはせっかくなら現地の郷土料理を楽しみたいです。それぞれの国の料理はその国の文化ともいえますし、現地の旬の食材を使ったものかもしれません。食べてみると意外に美味しいものが見つかるときもあります。ただ日本人は日頃からお米を食べる人が多く、数日お米を食べないとお米が恋しくなる人もいます。そんな人は現地でコンビニを探してみましょう。アジア圏なら日本でよく見ている看板を見かけたりします。店に入るとなんとおにぎりが売られています。ただ日本で売られているおにぎりとは少し異なり、中の具やお米の状態など違和感を感じる人もいそうです。お米がどうしても食べたいときに買って食べてみましょう。

 

日本料理店の違いを知っておく

海外旅行に行って困るのが食事かもしれません。ファストフード好きの人ならとりあえずハンバーガーなどでお腹は満たせます。でも一般的なお店だと現地の料理がメインになります。日本料理に慣れていると、本場の海外料理はなかなか受け入れられないときもあります。そんな中希望の光としてあるのが日本料理店です。アルファベットだらけの中に日本語を見つけると、吸い込まれるように店に入る人もいます。中に入ると英語の他に日本語があり、日本らしいメニューも見られます。ただ日本料理店だからと言って日本の味を楽しめるとは限りません。日本人が運営しているなら日本人向けもありますが、、現地の人が見様見真似で運営しているところだと現地の人向けかもしれません。